【ネパール紅茶買い付け日記②:14時間の長旅の道中にて】

スポンサーリンク

カトマンズから14時間かけて、知り合いの車でジャパという地域に行きます。
(※紅茶農園に行くはもう少し後になります。)

14時間車で行くって日本ではなかなかないですよね。
たった500kmを14時間かけて、、
なぜそのくらいかかってしまうのか?
道中の写真を含めてネパールの道を知っていただけたらと思います。

カトマンズを出発します!


朝7時のカトマンズの様子です。
日の出の光に、砂埃が舞ってとても幻想的な風景を醸し出してくれます。

日中の車の通りに比べ、朝は交通量が少ないです。
この朝はYシャツ1枚着れば大丈夫な気温でしたね。

知り合いのネパール人とその知り合い3人で合計5人行きます。

五人乗りなので、キツキツの状態で14時間になるとゾッとしましたが、、笑
まぁなんとかその状況に慣れるもんですね。

近くの店でチャイと揚げパンを食べて、カトマンズの朝を出発しました!

14時間移動の前半戦!

500kmに14時間かかってしまう最大の要因として『山越え』があります。

カトマンズは周りを山々に囲まれた盆地です。
なので、200km分はいくつもの山を越えなければなりません。。
トンネルなんてないんで、山肌を縫って道ができています。


この日は雲がかかっていましたが、白く見えるのがヒマラヤ山脈です。
こんな光景を見ながら、くねくね道&アップダウンを繰り返していきます。
急な山があると、いろは坂のようにくねくねした道になるので、酔い止め必須ですね。

また、写真で撮っているのは綺麗な道ですが、コンクリートがハゲている箇所がたくさんあります。

その都度『急ブレーキ&ガタガタ&急発進。』
これの繰り返しです。もう、なにも言えません笑

たまに近くの村の人なのか、歩いて荷物を運んでいる人がいます。
落とさずに持って行く技はほんとすごいですね。。

ヒマラヤが見えなくても、こんな感じに綺麗な景色が続いています。
いつまででも見れますね〜
空気が澄んでいて、窓を開けながら進むと心地良いです♪

ちなみに縁石がこのようにポツポツをあります。
この場所はまだ地面が見えますが、標高が高くなると崖のような場所もチラホラ。。
ちゃんと縁石があるのがありがたいですね。
こんな道を夜走ってたら怖すぎます。。
たまに折れている縁石があるんですが、あまり考えないようにしていますね。。笑

14時間移動の後半戦!


山越えが終わると大通りにでます。
それなりの街が途中にあるので、何回か休憩をしながら道中を進んでいきます。

一本道なので、ひたすら進みます。
大通りなので、トラックやらバイクやら自転車やら人やら、何振り構わず追い抜かしたり、道を横断してきます。

たまに牛や羊も通るので、そんなにスピードが出せません。
牛が通ると最後まで待たなければ、、長い!

そんなこんなあり、google mapでは12時間ですと言われていた道のりが14時間かかりました。

着く頃にはこんなに真っ暗に。

7時に出て21時に着きましたね。。
帰りの道のりは考えないようにします、、、笑

こんな感でイラム近くのジャパという地域に着きました。
ここでは知り合いの家に泊まります。
2泊でイラムに行こうとしたら、
まさかのその人に知り合いの結婚式が開催されることに!!

なんと幸運なのか、、、
3日間で行われるそうで、
その間はその知り合いの家にお世話になります。

ちょっと紅茶とは離れますが、
初めてのネパールの結婚式を体感してきます!
次はその日記を書いていきます♪

スポンサーリンク

シェアしていただけると喜びます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA