ずっと考える前に、まずはやってみよう!自分の判断基準を上げていく。

スポンサーリンク

こんにちは。
マカロントラベラーの星野です。

今朝シンガポールに着き、コワーキングスペースにてこの記事を書いています。
今いる場所はこんな感じです。
(中の写真はNGなので、インスタの写真を拝借)
シンガポールのコワーキングスペースはとても綺麗なので、いつも通り仕事ができちゃいますね。
以前は『海外でも仕事できるのかな?』と思っているだけでしたが、今は初めての国に行ったとしても日本にいる時と同じような感覚で過ごせるようになりました。

行動することの大切さを実感しています。

私の場合、海外に出るようになって徐々に自分の中に変化が起きていきました。

今まで三年間の流れを書いてみると、、

・会社員時代マカロンを前面に出してみる(マカロニスト)
・海外に行く人と触れ合う
・会社を辞める
・半年バックパッカーの旅に出る
・戻って、webの仕事を始める
・10ヶ月後、月初任給以上稼げるようになり独立(マカロントラベラー)
・毎月旅に出るようになる
・今

ざっくりとですがこんな経歴になります。
会社を辞めて、なんだかんだ2年半になりますね。
今見ても面白く流れているな〜と思っていますl。

ここまでまたこれからもそうですが
『面白いと思ったことは行動にうつしてみる』

これが私の根幹にあります。
考えるのも大切なんですが、新しいことを始めるのにあたって、
今までの経験で考えて答えを出すなんて、視野が狭すぎると感じているからです。

そんな視野の狭い私なままで、0から1を作るなんて無理!
私は常に行動していろんな経験を増やして、様々な選択肢を増やしていくようにしています。

そうすることによって、2年半前の自分では全く考えもしなかった事が普通に生まれてきます。

実際に海外に行ってみての心境の変化

今では海外に行く事が普通になっています。

以前だと、
大型連休だけしか無理でしょ
海外で仕事ができるほど甘くない
英語喋れないし無理
空港着いてからどうすればいいの!?
外国人との関わりが怖いなぁ
別に日本にいてもなんの不自由もない

と、色々と考えていました。
できない理由ばかりを考えていた。。
色々と行くようになった今では、

予定が空けばいつでもいけるなぁ
海外どこでも仕事ができる
ペラペラに英語喋れなくてもなんとかなる
空港着いてワクワク感しかない
外国人への偏見がなくなった
日本にとどまる事がリスク

海外に行くことによってこんなにも変わってしまいました。
しかし、行動しなきゃいけないと行っているわけではありません。

私は元々
海外に少し興味があり、いろんな国に行って見たかった。そういう環境にいき続けたい。
そして、人と人がつながるような仕事を将来したい。

という思いがあったからこそ今のような働き方が生まれました。

そして、マカロントラベラーと名乗っている理由として、
マカロンを前面に出したことによって、人との繋がりが増え、今のような流れが始まった原点を大切にしたいからです。

やってみたらそれがあなたのスタンダードになる。
だから、やりたいことがあったらまず飛び込んでみるといいと思います。

そこから見える世界が今以上であるのに間違いはありません!

スポンサーリンク

シェアしていただけると喜びます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA