[海外には働ける環境が整っている]街に溶け込むように生活をしよう。

スポンサーリンク

こんにちは。

今、チェコのプラハ城にあるスターバックスにて、
これを書いています。
こんな風景を見ながら、ゆったり出来る時間は至福の時です。。

今回の旅中出会った方々やメッセージをいただいた中で、
一番質問として多かったのが、
『海外にまで来て仕事するって大変じゃないんですか?』

確かにそう感じますよね。
『旅をしながら仕事をする』
これをコンセプトに今回は旅に出たので、
毎日にではないけれども、
私はカフェやコワーキングスペースに入って作業をしています。

確かに、
『海外にまで来て、
観光地にも回らず、引きこもっているなんて、、、
なんかもったいない。。。』
端から見るとそう感じるかもしれません。

 

私はそんな生活を海外でもしていますが、、

大変、、、、

では全くないです!!
むしろそれが普通。

今の働き方が私の生活の一部として
習慣化しているので、
そのような質問をいただいて、
『あれ?これって大変なのかな?』っと

1年ぶりくらいに考えました。

海外にいる時[一週間の行動スケジュール]

coworking1回の旅で最低でも一週間は1つの国に滞在しています。

初めての国に行った場合を例にあげます。
1日目:交通機関を調べたり、近場を散策する&カフェでまったり
2日目:午前は観光/午後はカフェ巡り
3〜5日目:コワーキングスペースに1日中(※たまに観光)
6日目:カフェ巡り&次の国に行く準備
7日目:次の国へ出発

ざっくりとしていますが、
こんな感じのスケジュールです。
もちろん、行きたい場所があれば数日間観光します。

海外では若干仕事量を落としているくらいで、
実質日本にいる時と変わらないですね。笑

コワーキングスペースに一日中いる日でも、休憩中に一歩外に出れば、そこは海外。
ワクワク感が半端ないです。

仕事に関して、むしろ楽しさを見出しながらやっているので、
『こんな仕事やだ!』って考えたことはありません。。
仕事をできる環境が海外には整っています。

今回4カ国訪れているんですが、
どこの国にも、コワーキングスペースがありました。
ありすぎるくらいです。

プラハ市内で数えてみたら、15箇所もあった。。
本当多い。

それだけ、海外にはリモートワーカーが多いです。
あと、ベンチャー企業も。

これだけ海外の受け入れる環境があるのに、
行かない手はないかとおもいますし、
海外にいても仕事ができるような働き方をするのは、
今の時代普通になってきていると、すごく実感します。

『海外=観光』

と一括りに考えるのでは非常にモッタイナイです!

海外での仕事もライフワークに溶け込ませる感覚

town私のライフワークの一つとして、
『旅と趣味を楽しみながら仕事する』

会社に属している時と同じような感じで、
普段の生活の一部として、今の仕事があります。

しかし、私の当社会人時代と違うのは
『仕方なく、やらなければいけない』
これではなくなりました。

私は今、海外の土地を感じや、人に出会い、
ワクワクすることをしたいから、
今の仕事を選択して、それをし続けています。

なので、やりたい方向性に向かってやり続けた結果
今のライフスタイルがあり、

私の日常に、自然と旅や仕事などが溶け込んでいます。
それも嫌な理由はなしに。

『自分のやってみたいこと・やりたいことを
いかに自分の日常に溶け込ませるか?』

私はそれを『いかにワクワクできるようにやるか?』
を考えながら、常に試行錯誤しながらいつもいます。

もう少しで、今回の旅も終わり。
また、やりたいことがあったら、海外に行こうかな!

スポンサーリンク

シェアしていただけると喜びます!

2 件のコメント

  • いや、あこがれます。私も、ツアーで、一昨年でしたか、中欧をまわってきたのですが、プラハ、いいところですよね。ブダペストもブラチスラバ、ウィーン、いいところです。ぜひ、次回は、星野さんのように、ノマドとして行ってみたいと思わせて頂いたことでした。

    • marakouさん

      ツアーでもいろんなところが回れていいですね〜。
      初めて、中欧に行きましたが好きになりました♪

      また、行ける機会があったら行こうと思います!
      是非、こちらの世界へ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA